忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [5]  [4]  [3]  [2]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

賀川献身100年記念事業の一つに、FEBCラジオ放送で、賀川豊彦の特集をする企画が現在進んでいる。
本日は、その放送のための録音のため、私が武田清子先生の送迎を仰せつかった。
午前中に館長と共に駒込のご自宅までお迎えに上がり、吉祥寺にあるFEBCスタジオにお連れした。収録後はとんぼ帰りに、駒込までお送りしなければならず、館長は武田先生の次に古屋安雄氏の収録があったため、私だけでお送りした。
車中、武田先生には、火曜日に行われた公共哲学研究会のことや、そこのセンター長のことまた公共哲
学研究会で、公共的知識人としての南原繁研究があったことなど報告した。するとご関心をお持ち頂き
話題が弾んだ。

武田先生は南原繁らとの交流があり、学士会館分館を東大内に南原が建てさせた際には、南原は得意気
に食堂に武田先生を昼食に連れていってくれたなど、当時のエピソードをお話し下さった。南原繁はじめ、
矢内原忠雄、大塚久雄、丸山眞男(歴史上の人物なので敬省略)ら昭和の代表的知識人とは、常々交流が
深かったようで、大変懐かしそうに当時のお話しを次々としてくださった(御年91歳だそうです)。私の
ような凡人には雲の上のような御仁たちだが、武田先生を通じて間接的に身近な人たちだったかのように
錯覚する、貴重な時間であった。
同じ週に、千葉大の研究と武田先生の思い出とが「南原繁」という点を
通じてシンクロしたのも、不思議なご縁に思えて仕方無いが、この引き合わせは”賀川豊彦”のおかげに
ほかならないのだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]