忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝は、昨晩の雪がだいぶ解け、あまり名残雪の風情もないようなので、少し早めに家を出ると、出勤前のひと時、歴史散策の寄り道をしに出かけてみた。とはいえ、賀川関係の史実についてである。
d564455a.jpg
昨年、隣の桜上水の街に住んでいた、タッピングさんご一家を記念して、「タッピング坂」と命名して、標識を出しますということをお聞かせ頂いたが、その確認に行ってみるとすでに標識が立っていた。左の写真であるが、立派な標識である。坂の様子は下の写真である。



9989ea25.jpgよく見かける街並みであるが、ここらあたりにタッピング家がお住まいだったのある。
父のヘンリー・タッピングは、宮沢賢治の「岩手公園」という詩にもうたわれているが、盛岡で英語教師として活躍した宣教師である。先祖は、英国から首に賞金を懸けられた非国教徒であり、領地を没収され渡米したとのことである。(『タッピング家の人々』小林功芳著)。母のジュネーブ・タッピングは、ドイツのライプチヒで音楽を学んで後、ヘンリーと結婚した。来日後、盛岡幼稚園に貢献した。(『ジュネーブ・F/タッピングの幼稚園事業』大島良雄著)娘のヘレンは賀川のペンとなり、英文で世界へ賀川のメッセージを発信する際に欠かせなかった人物である。これらの戦前、戦中にさえも活躍をしたご一家をたたえて、町の記憶として残そうと、桜上水の皆様が運動して下さったのである。関係者として感謝の限りである。
DSC_0073.JPG
三枚目の写真は。坂を上りきったところの写真である。奥に見える空間が線路上である。ゆうやけ坂という通りとぶつかるところから、タッピング坂が始まるのである。夕暮れ頃に散歩するのに、なんとも風情が漂う雰囲気ではないだろうか。毎年、学芸員実習生を迎えて、展示企画や、近隣のお地蔵さんなどを見て歩く史跡めぐりツアーなどの企画を作ってもらっているが、次回からは賀川関係のツアーができそうである。


なお、途中不思議な光景を目の当たりにしたので、ご紹介したい。
DSC_0066.JPGなんと昨晩降った雪が、朝になると程よくやわらかくなって、めくれ、しかもロール状になっているではないか!偶然、条件が重なってみられた瞬間的な自然芸術である。しかも、一件のみなならず、複数ある!!

この現象がここ特有のものなのか、よく見られるそれほど珍しくないものなのか分からないが、とにかく、朝の歴史探索にまるで御褒美でも用意してくれていたかのように、おいしそうな嬉しい光景であった!

DSC_0098.JPG小生が洋菓子職人ならば、きっとこの光景からヒントを得て、「せたがや・タッピングロール」とかなんとかといって、新製品を考えていたであろうに…などと思い耽りつつ、足早に職場に向けいく。至福な朝のひと時に感謝である。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
懐かしく見ています
賀川先生が園長をされていた松沢幼稚園の卒業者で、遊んでいただいたことも覚えております。また縁あってHelen Topping先生に中学高校時代英語をご自宅で習い、ほとんと賀川先生のことでしたが、そして軽井沢の別荘賀川ハウスというんですがそこで夏休みを経験のためということでお手伝いさんとご一緒に過ごさせていただいたこともいい思い出です。写真もありますので必要ならお貸しいたします。これ日本語で書いておりますがそちらで読めればいいなって思っています。ドイツ在住
木島裕子 2010/10/30(Sat)04:23:55 編集
無題
賀川先生が園長をされていた松沢幼稚園の卒業者で、遊んでいただいたことも覚えております。また縁あってHelen Topping
木島裕子 2010/10/30(Sat)04:26:42 編集
ありがとうございました
コメントをありがとうございました。また貴重な当時の情報を感謝致します。返答が遅くなって申し訳ありません。
当時軽井沢にタッピング記念館を建設する運動があったことは存じていましたが、「賀川ハウス」という呼称があったことは初めて知りました。是非、当時のお写真をご送信頂けますでしょうか?もしも電子化の環境をお持ちでしたら、PDFあるいはJPGなどのファイルでご送信頂けますと幸いに存じます。あるいは、日本へお帰りになる機会がありましたら、お立ち寄り頂けますと尚幸いに存じます。ドイツでご在住とのことですが、もう長いのですか?     
雑芸員 2010/11/19(Fri)09:27:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]