忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小生も微力ながらも役員として協力させて頂いている、世界連邦21世紀フォーラムの次回案内が来たので、ご紹介しておきたい。
今回ご登壇頂くのは、世界連邦21世紀フォーラム役員でもあられる、鈴木寛文部科学副大臣である。閣僚のお一人より、直接話を聞けるチャンスなので、ぜひ、皆様のご参加をお待ち申し上げます。


第21回 世界連邦21世紀フォーラムのご案内です。

鈴木寛文部科学副大臣から
「コミュニティ・ソリューションと熟議デモクラシー」というテーマで
ご講演をして頂きますので、
ご興味のある方は、ぜひ会場まで足をお運び下さい。

http://www.wfmjapan.com/

今、世の中のブームの一つに「コミュニティー」
なぜ、この言葉が今、注目を浴びているんでしょうか?

その背景には、既存の社会の枠組み(国家、自治体、学校、家族など)が
人々の価値観の複雑化・多様化によって、期待に応えられないシステムとなっているという現実があります。

また「熟議」
ものごとを単純に数の多さ(多数決)で決められるのかという
難しい問題が秘められています。

こうしたテーマを軸にして、
社会をデザインをしていくことを政策課題として実践しているのが
現在、文部科学省の副大臣をしている鈴木寛さんです。

素晴らしい講演になると思いますので
是非、会場まで足をお運び頂けましたら有り難く存じます。



------------------------------------------------------------------------

第21回 世界連邦21世紀フォーラム
「コミュニティ・ソリューションと熟議デモクラシー」


私 たちが直面する社会・経済問題は、これまで政府か市場によって解決するという二者択一でした。しかし、複雑化した社会では、私たちは、サービスの受益者で ある一方、その提供者でもあります。コミュニティ・ソリューションとは、そのような多様な役割を認識し、ボランタリズム(自発性)の側面も踏まえながら、 コミュニティを通じて問題解決を行っていくことです。低負担で高満足な新たな選択肢として、教育や医療分野での実例も交えて、コミュニティの今後の可能性 について皆さんと考えてみたいと思います。


日 時:2010103() 開場17:30 講演時間18:0020:40

場 所:東京体育館 第1会議室

住 所:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1
地 図:http://www.tef.or.jp/tmg/access/access.html講 師:鈴木寛

参加費:3,800(会員は2000円)


------------------------------------------------------------------------
鈴木寛 Profile
参議院議員(民主党 文部科学副大臣)
1986 年 東京大学法学部卒業 通商産業省入省
1999 年 慶應義塾大学 SFC 環境情報学部助教授
2001 年 第 19 回参議院議員選挙 ( 東京都選挙区 ) に初当選
2007 年 第 21 回参議院議員選挙 ( 東京都選挙区 ) で二期目当選
------------------------------------------------------------------------


【参加申込みの予約方法】
フォーラム参加の申し込みにつきましては、以下のアドレスにアクセスして頂き、
講座プログラムページの参加申込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.wfmjapan.com/program/2010/10/03140539.php【参加費の振込について】
本フォーラムの参加費は“ 事前振り込み ” となっています。
お手数かけますが、下記の口座に指定の金額をお振り込み下さい。

一般参加 3,800円
------------------------------------------------------------------------
〈銀行からの振込〉
ゆうちょ銀行  (店番号) 008
(店名)00八 (店名の読み)ゼロゼロハチ
普通預金   (口座番号) 6213686
(口座名)セカイレンポウニジュウイッセイキフォーラム
------------------------------------------------------------------------
〈郵便局からの振込〉
ゆうちょ銀行
(記号)10090 (番号)62136861
(口座名)セカイレンポウニジュウイッセイキフォーラム
------------------------------------------------------------------------

※振込の際には、必ずご本人様のお名前を記入して下さい。
振込名が会社名だと分からない場合があります。


------------------------------------------------------------------------
世界連邦21世紀フォーラム 事務局
Mail:
info@wfmjapan.comhttp://www.wfmjapan.com/http://twitter.com/WFM21stForum
------------------------------------------------------------------------




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
backlinks
Check out this crazy service that sends thousands of visitors to your web page automatically!

Hey kagawa100.blog.shinobi.jp admin

I wanted to tell you about this website I used with great results, that drives thousands of targeted visitors to your site who are dying to spend money!

You’ve probably already know that creating great content is only half the battle when it comes to running a successful website. The second half of the equation is DRIVING TRAFFIC!

With this service, you can forget about the tedious process of posting backlinks because they do everything for you so you can focus on more important things, like dealing with the flood of traffic to your site!

And that’s not all! this service is SUPER AFFORDABLE and will direct thousands of new visitors to your site in just hours, GUARANTEED!

This is the only service that can skyrocket your page to the top of the search engines!

You can check it out here:

<a href=http://xrumerservice.org>backlink service</a>

Best,

Jason
Backlinks 2012/05/17(Thu)15:54:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]