忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5043-1.jpg







5044-1.jpg







上記資料は、以前調査中であることを知らせた、賀川純一が元老院書記官に任じられて、わずか半年足らずで免官されたことが掲載された、太政官記録内の職務進退 元老院記録の複写である。

一枚目の資料は、勝安芳(安房)の記録である。もうおわかりと思うが、勝海舟である。勝の役人としての、任免が記録されている。明治5年には、海軍大輔、同年叙従四位に昇叙した記録が二枚目に記されている。まちがいなく、勝海舟の記録である。

不勉強なので、恥ずかしいが、勝の名の横には、静岡県士族とあるが、徳川家に仕えたことから、このように表記されるのだろうか。また文政二年巳卯正月生とあるが、他の文献などをみると、勝の生年は、文政6年1月30日(1823.3.12)というのがどうも正しいようなのである。公文書でもまちがいがあるということなのであろうか?ある文献では、自ら陽暦誕生日を2月11日としていたそうだが、換算を間違えたらしいとのことである…

その勝のことに関する記述が終わった次のページ(三枚目)には、賀川純一が出てくるのである。純一が、名東県平民(ママ)とされ、嘉永二年丙12月生まれとある。明治八年七月一二日に、権少書記官に任命され、同年一二月七日に免本官となっているので、わずか五か月の任期である。なにかあったのだろうが、それらについては、すでに多くの方が書いておられるので、小生は触れない。資料の紹介だけにとどめておく。御関心のある方は、下記まで。(複写は当館でも見られます)

資料出典:国立公文書館
 本館-2A-031-09・職00148100  038  太政官  明治05年09月  001500  0173 

勝海舟のことは誰でも知っているであろうし、最近もNHKの龍馬伝で、武田鉄也氏が演じたことで話題を呼んでいる。しかし彼のことが、キリスト教界でも、別な面で話題にされていることは、一般にはあまり知られていないかもしれない。

勝はオランダの詩編歌『主をほめよ』を自由訳したり、また、以下のようなエピソードがあって、キリスト教との関係性が深い。

勝は、エドワード・ウォーレン・クラークという米国人御雇教師を静岡学校へ招聘した。クラークは、静岡バンドで功績をあげ、後に東京開成学校(東京大学の前身の一つ)の教師となり、化学を教えていたが、帰米後には牧師になった。勝が後に、『幕府始末』(全集11 勁草書房)を書くきっかけになったのは、このクラーク教師が幕府興亡の由来を尋ねたことに、端を発したそうである。

後にクラークは、勝のことを、『(勝は)キリスト者ではなかったが、彼以上に貧しきナザレ人(イエス)の人格を備えた人物を見たことがない』と、誉めていたとのことである。

また勝の住居、東京赤坂氷川町5番は、耶蘇教講義所(キリスト教伝道所)として解放していたとのことである。そこが、現在の日本キリスト教団赤坂教会敷地なのである。今後関係する書籍が刊行されると関係者より聞いている、楽しみである。

そして、勝は自分の子の嫁に、ホイットニーの妹クララを迎えた。兄である医師ウイリス・ホイットニーの妻アンナの信仰に感銘してとのことだが、このクララの日記は、当時の日本の歴史的な人物たちが、外国人少女の目を通して書かれた貴重な資料となっている。残念ながら、後に離縁してクララは帰米している。

実は、ホイットニー兄妹の父は、商法伝習所の所長として招聘された御雇教師であったが、実際には所長にはなれず、経済的に困窮していたときに、勝が上記の赤坂の邸宅にホイットニー家を住まわせ、援助したことが縁の始まりであったそうだ。なるほど、勝の度量の大きさがうかがわれる話である。

作家江藤淳は、「海舟の精神構造とキリスト教との関係は、今後の重要な課題になるに違いない」と残しているとのことである…

(参考:『日本キリスト教大辞典』、ウィキペディアほか)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]