忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


上は、賀川豊彦の写真であるが、隣に一緒に写っているのは、ハスの研究で有名な大賀一郎博士である。
大賀博士は、1902年に地元岡山で洗礼を受け、その後、第一高等学校入学時に、内村鑑三の門下生となり、卒業後は東京帝国大学理科大学植物化へ入学した。名古屋での講師勤務の後、1917に、南満州鉄道株式会社社員として、大連に渡る。途中渡米もするも満州へ戻り、1932年には、横暴な軍部と会社の体制に疑問を抱いて帰国し、戦後1950年に関東学院大学教授に着任する。

その翌年には、千葉で発見された縄文船の船だまりから、丸木舟とともに古いハスの実が発見された。3粒のうち、1粒が発芽し、翌年ピンクの花を咲かせた。大賀ハスと命名され、1952年には世界中に知らされた。おそらく多くの方がご存知のことであろう。

その大賀博士と、賀川豊彦が一緒に写っているこの写真は、1928年12月に奉天で、撮ったことが裏書に記してある。まだ、「大賀ハス」の功績が世に知られるはるか前のことだが、大賀博士が南満州鉄道にいるときに、賀川が訪ねたのである。

時は、1928年11月29日より黒田四郎と下関を出発して、満州伝道へ出かけたときである。12月24日には、神戸に帰ってきているので、短期の伝道旅行だったようだ。その旅先で出会えた同志との記念の一枚なのである。ちなみに、大賀博士は前回ご紹介した、綾部市出身のK牧師のおじい様であると聞いている。縁は異なもの味なもの、とはまさにこういうことなのだろう…

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]