忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早いものでもう師走、月並みながらも振り返ると、今年も様々なことが思い起こされる。とはいえ一年間の記憶に浸れるほど、小生のメモリーは高いスペックではないし、そんなことを許してくれる時節でもないので、ここ数日のことだけ振り返ってみると、まったく相変わらずめまぐるしいとの感想だ。

昨日は貴重な休みを頂いたが、朝早くより世界連邦で携わっている、国際連帯税の会合が開催され、一日そのボランティアであった。早朝から車を滑らせ、麹町スタジオまで。業界人ではよく知られたスタジオで、永田町のすぐ隣ということもあってか、政見放送の収録もしばしば行われると聞いているが、そこでUSTREAMの後藤氏と待ち合わせし、高価な機材を搭載して現地へと向かう。赤坂ガーデンシティという豪奢な建もので、その中階に入居している、ベクトン&ディッキンソン社のホールを会場にシンポジウムは開催された。その時の模様は、下記にアップされているので、是非一度ご覧頂きたい。

■第1

 

1部前半

http://www.ustream.tv/recorded/11442488

 

1部後半

http://www.ustream.tv/recorded/11443308

 

■第2

 

2部前半

http://www.ustream.tv/recorded/11443966

 

2部後半

http://www.ustream.tv/recorded/11444549

 


世界規模の課題に、今や市民一人一人が意識的に取り組まねばならない時代に突入していることが、これらのNGOの活動に携わっていると本当によくわかる。もちろん手弁当で休みを費やし、年間で考えれば相当多くの時間と労力を捧げなければならないのであるが、先進国ではそういったボランティアをもうひとつの「労働」として位置づけて、周囲も社会も認知して推進してくれているそうである。「新しい公共」という概念がうち出され、こういったNGO,NPOなどのセクターが、行政、企業、市民らとともに新たな活躍を期待されているのは、ご存知のところであろう。そういう面ではだいぶ日本も変わってきていると思うが、まだ欧米並みの意識には届いていないのかもしれない。もっと多くの市民が、こういった、「金にならない」「得にならない」ことを、あえて喜びをもって取り組んで頂けるような社会になって頂けたらと、僭越ながら期待してやまないのである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]