忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早いもので、もう11月も終盤を迎えている。お読みいただいている皆様には大変感謝であるが、資料館業務の日ごろの姿を見えるようにしたいと発心しながらも、筆者の力量不足で思うように記述が間に合わず歯がゆい思いである。先月から今月にかけての報告未了トピックについて、急ぎでお伝えしよう。しかしながら、時系列の列挙だけであるので、あまり面白くないかもしれないがご参考になればと願う。


10/3 資料館に自販機が設置される。
10/7 献身100記念事業の、「死線を越えて」短縮版上映委員会が開催される。斎藤理事長はじめ、聖学院院長小倉先生、元平和学園園長夏村先生ほかにご指導を頂く。
10/9 献身100年記念事業実行委員会で、全労済の担当者が代わられるとのことでご挨拶にこられる。
10/10 不二出版社が、出版企画中の資料集向けの資料収集に来られる。
10/11 業界仲間であつまる第二回アーキビストカフェが開催。記録媒体に関して盛り上がる。
10/17 献身100年記念事業企画実行委員会が明治学院大学にて開催される。
10/24 献身100年事業の広告に関する相談を、キリスト教系新聞社と折衝する。
10/25 団体見学者へのガイドをしてから、急いで国連大学で開催の世界連邦日本大会に向かう。
10/28 あわただしい中であるが、定例の財団法人雲柱社理事会が開催される。新公益法人への移行等についての検討がなされた。
10/30 松沢幼稚園の母の会主催で映画「死線を越えて」上映会をしたいとの申し出があり、協力をすることに。上映前の解説レクチャーを担当。
10/31 松沢教会にて賀川ミッション開催。雑芸員は、共同データベースの進捗状況に関する報告のため。早朝より神戸に向かう。
11/1  神戸文学館にて催された、賀川豊彦展の開催初日を見学。松沢からの資料が丁寧に展示されており、大変うれしく思う。その後神戸プロジェクト主催の、賀 川ゆかりの地を歩くウォーク会に参加。日ごろの運動不足を恨めしく思いつつも完歩。しゃれたランチを皆で摂り、交わりを楽しむ。
11/3 祝祭日なので出勤
11/4 全共連様(JA共済)の担当者が代わられたので表敬訪問する。午後、千葉大公共哲学センター伊丹氏来館、打ち合わせを行う。
11/5 現代ぷろだくしょん訪問。斎藤理事長と共に短縮版「死線を越えて」の折衝を行う。夕刻世界連邦関係者との交流会。
11/6 さいたまセカンドリーグ(リタイアされた人の社会貢献を支援するNPO、生協関係者が多数ご参加)設立総会へ賀川献身100年記念事業のアピールのため訪問。
11/7  コープニュース取材に墨記者来館。館長と打ち合わせ。午後には、世田谷マラソンに招待されたカナダのマラソン選手が3人、通訳者と共に来館。館長が 100年記念事業の打ち合わせにFEBCに行ったため、筆者がガイドを行う(ただし日本語!)。なんと選手の一人は、カナダの生協共済の職員であった!終わりには皆賀川の 生涯に感銘してくれた。世界的な発信が必要と痛感。語学堪能者の日ごろからの協力を求め、情報発信できる体制作りが検討される。資料館チャペルでは「筆子その愛」上映会開催。
11/8 午前中世田谷文学館主催、文学散歩の参加者が数人来館。午後賀川記念講座委員会:明治学院で開催。献金箱、販売品を携え行く。世界連邦の植木会長が講師。午後資料館チャペルにて二日目の映画会。
11/9  礼拝後、午後より貸会場のため出勤
11/10 NPOサポートセンター主催のシンポジウム参加。新公益法人に関する現況と今後の社会における、市民セクター確立等に関しての著名な識者の議論を聞く。大変参考になった。
11/11 東京都生協連合会会長様ご来館。100年記念事業への東京都の生協様の寄付者目録をお渡しくださる。大変感謝であった。午後、雲柱社創立70周年記念会の下見と打ち合わせに青学訪問。
11/12 友愛労働歴史館解説員間宮氏ご来館。次年度に賀川と労働運動という企画展をご計画とのこと、協力要請。もちろん積極的協力を申しあげる。午後業者さんと次期データベースの打ち合わせ。
11/14 協同組合研究所の方が、JA富山の幹部の方をお連れ下さり館長との歓談。遠方よりのご来訪に心から歓迎をしたい。雑芸員は同時刻に聖学院本部に行く。大木英夫氏、古谷安雄氏、戒能信生氏と100年記念出版物掲載の対談録を収録のため訪問する。興味深い話題が多数出た。2時間30分収録した。
10/17 東京基督教大学内、東京基督神学校の山口校長および阿部図書館司書を訪問。基督教歴史資料保存の必要を協力して超教派で呼びかけ運動化してゆきたいとのお話しを交わす。冊子が出せれば大変うれしい。
11/19 年末調整説明会に雑芸員が出席、世田谷の玉川会館に。
11/20 尾崎行雄生誕150年記念会出席
11/21 雲柱社創立70周年記念会開催
11/24 祝祭日の月曜日は開館日
11/25 新公益法人制度セミナー参加。銀座フェニックス。雲柱社だけでなく、関係する財団法人に呼びかけて専門家を招いてセミナーを開催し、検討をする必要がある。
11/26 夕刻、渋谷コーププラザ、日本生協連小会議室にて、100年記念広報委員会開催される。
11/28-29 近江兄弟社表敬訪問。三法人のトップ(理事長、社長)皆さまへ100年記念の説明を行う。夜は勉強会が開催され、神戸より来られた鳥飼慶陽先生より講演を受ける。雑芸員も満州基督教開拓村展の経緯などを短く報告する。


以上、お読み下さりありがとうございました!ご覧のように日々雑務に追われています。初冬の時期は、落ち葉掃きと電球交換などが増えます。次回からは、せめて1週間位でまとめるようにします!





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]