忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『松沢資料館は、明日8/8(日)より、16日(月)まで、夏期休館となります。業務をお休みさせて頂きます。ご利用の方には、大変申し訳ございませんが、17日(火)10:00より通常通り開館いたしますので、よろしくお願い申し上げます。(ペコ)』  


(以下は日誌です)

以下の写真は当館のウリである、光の庭での写真である。左から2点は8月4日の夏空に映える礼拝堂の鐘楼である。この時期、各地の行楽場所におかれた定点WEBカメラがその地の雰囲気を伝えているが、当館にはそんなしゃれたシステムはないので、せめて最近撮影したものをお見せしたい。背後に流れる雲が、雲柱社のイメージにぴったりである。雲の柱に導かれるかのごとく…まさに雲柱社の象徴的な構図である。

富士山を撮影する人などに多いかもしれないが、小生は年間をとおして、中庭の風景を写真に収めている。その移りゆく季節ごとの風情を、同じ場所・空間をテーマに、微妙にズラシながら撮り続け、アーカイブズ化している。

写真中央右は雪化粧した礼拝堂で凛とした印象である。右端は秋の陽光に照らされる姿、影の長さがそのまま時間の長さかのような錯覚を与えてくれる。そして、同じ時節の沈む夕陽を眺める鐘楼の横顔。一人の人間に喜怒哀楽があるように、旧松沢教会礼拝堂の鐘楼にも、季節が与える味わいある表情があり、いつしか話しかけている自分に気がつく… ( だ、大丈夫です、詩的な意味なだけですから…)。

何気なく過ごせば、見過ごしてゆく風景だが、これからも時間が許す限り、身近なものの変化を少しづつ撮りためていってみたい。

なお、ときどき掲載するかもしれないが、小生、写真の腕は全くの素人であるので、技術の点に関してはおゆるし頂きたい。

117.JPG126.JPG5fdc8b23.jpg62a4cbdb.jpg










072.JPG   












                                                                                                                                                                                     
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]