忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダウンロード(pdf)

しばらくはブログを書ける状態ではないほど、多忙であったが、楽しみにしていていたかたがおられたらまずは陳謝申し上げたい。

さて今度の日曜日には、日ごろお世話になっている千葉大の公共哲学センターが主催で、友愛政治の可能性を問うシンポジウムが開催される。

昨年9月に、同センターで筆者がセミナーを受け持たせていただいてから、早一年。5月に一回目、11月に2回目、そして今回の企画と、こんなにも多くの賀川関係企画を開催していただき、まことに感無量である。センター長の小林正弥先生には心よりお礼申し上げるばかりである。
また、世界連邦21世紀フォーラムで理事をご一緒している鈴木寛先生には、文科副大臣として閣僚のお仕事にお忙しい中にも関わらず、ご登壇ということで、これもまた心よりお礼を申し上げるばかりと、痛く感じている。

そして賀川と協同組合に関して、日ごろ親しくさせていただいている伴武澄氏にご登壇いただくのだが、同じセッションには、世界連邦運動協会がオルタモンドとともに推進している、「国際連帯税」に関して、こちらもまた日ごろお世話になっている、上村雄彦先生にご登壇して頂くのである。国際連帯税には、筆者も非力ながら、事務局や運営委員に就かせていただいて、運動に参与している。

そして、最後のセッションにも倉坂秀史先生や、(私の記憶が確かであれば)法務政務次官にご就任の牧野聖修先生にもご登壇予定とのこと、見逃せない。

いやはやなんという、オールスターという顔ぶれで、まだ11月というのに、まるで紅白かと思わせるような豪華さである。いやそれよりも、自分の知己の間の方がこれだけ出られると、なんだか、筆者のようなものには、子どものころの仮面ライダー(いまでも観てるが)の最終回などに、一斉にオールライダーが集まって決戦をするシーンを思い出してしまうのだが(もちろんこのシンポで最終回では困ってしまう!)、ぜひ、今後も定期的に開催して頂ければ幸いである。

多くの方のご参加と活発かつ有益な議論が持たれることを期待したい。

終了後の懇親の場が楽しみである…

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]