忍者ブログ
賀川豊彦記念 松沢資料館の学芸員による雑記帳です。仕事上の出来語や、最新のイベント情報などを掲載します。 (主観的な情報も含まれますので、館としての公式見解でないものであることをあらかじめご了承下さい。)
[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日2月7日(木)に協同労働をテーマにNHKクローズアップ現代での放映があります。
 
以下、クローズアップ現代、ホームページより
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3307.html
 
2月7日(木)19時30分~
... NHKクローズアップ現代
働くみんなが“経営者”~雇用難・不況の時代を切り拓くか?~
 
出演者
富沢 賢治 さん(一橋大学名誉教授)
 
「雇う」「雇われる」の関係ではなく、働くみんなが“経営者”として、全員が納得いくまで経営方針を話し合い、自分たちの給料も決める。こうした「協同労働」という働き方が注目されている。埼玉県深谷市では、地元企業をリストラされた主婦10人が「協同労働」で豆腐屋を設立。配食、介護など次々に事業を拡大し年商3億7千万円を達成、地域経済の大きな柱になっている。スペインでは、8万3000人を有する巨大な協同労働組織「モンドラゴン」が、経済危機の真っ直中でも急成長を続けおよそ2万人の雇用を創出。家電製造、銀行、流通など280種類以上もの業種を経営している。さらに最近では、一般企業の就職から押し出された若者たちが数多く協同労働に従事し、これまで得られなかった労働意欲や“やりがい”、将来の希望を手にしているという。協同労働とは、いったいどんな働き方なのか?閉塞した時代を切り拓く新たな手がかりとなるのか?その可能性を探る。
 
あわせてで申し訳ありません。現在ポレポレ東中野でロードショー上映されている映画「ワーカーズ」も大変好評で新聞各紙(朝日、毎日、日経、東京、中日、赤旗)にも取り上げていただいております。情報誌「ピア」でも新作ドキュメンタリー映画部門の満足度1位を獲得するなど好調な滑り出しをさせていただいております。
以下に映画「ワーカーズ」の公式HP、FacebookページURLを載せさせていただきました。ごらんいただければ幸いです。
 
映画 ワーカーズ 公式HP  http://www.workers-movie.com/
Facebook http://www.facebook.com/pages/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA/259086660877313
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/17 Backlinks]
[02/28 雑芸員]
[02/27 荻田(長尾)香世子]
[08/31 N. F]
[11/19 雑芸員]
プロフィール
HN:
賀川資料館 学芸員 杉浦秀典
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/10/06
職業:
博物館学芸員
趣味:
資料整理、バイク
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 賀川資料館の雑記帳 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]